人を操る禁断の文書術:DaiGoの要約したって話第二回

ニート

じゅんにい@5桁ブロガー(@junni_scratch)です。

人を操る禁断の文書術:著者DaiGo

内容の要約をツイートしたものを全3回に分けて紹介していきたいと思います。 今回は第二回目です

前回第一回目
[sitecard subtitle=関連記事 url=https://junnii.com/2020-08-18/ target=]

トリガー1/興味 人は、退屈を嫌い、夢中になれることには時間を忘れる。 興味に触れれば、勝手に行動してくれる。

トリガー2/ホンネとタテマエ 人は、本音と建前を行き来しながら生きている。その狭間に、突き動かされるエネルギーが詰まっている。

トリガー3/悩み 人は、悩みやコンプレックスを解消したいと思っている。 悩みが解決できるとわかれば、必ず行動する。

トリガー4/ソン・トク 人は、「得をしたい」思いより「損したくない」という思いのほうが強い。「損しませんよ」と安心させれば、行動をさせやすくなる。

トリガー5/みんな一緒 人は、自分の所属しているカテゴリーから外れていることを回避したがる。また、自分と共通点を持つ人に、強く影響される。

トリガー6/認められたい 人は、認めてもらわなければ生きていけない。プライドをくすぐれば、前のめりで読んでくれる。

トリガー7/あなただけの 人は、持っているものがなくなりそうになると激しく渇望する。また、自分だけ特別扱いされたがっている。

まとめ

  1. 人を操る禁断の文書術:著者DaiGo 要約ツイート要まとめ第二回
  2. 第3章 人を動かす7つの引き金で、何を書けばいいかもう悩まない まで

今回はここまで。

質問等ありましたら、下のお問い合わせからでも、TwitterのDMからでも受け付けます。

タイトルとURLをコピーしました