【THE THOR】簡単!アナリティクスとサーチコンソール設定

SNSxブログ

ブロガーなら絶対外せない、アクセス解析。

ユーザーの検索キーワードや行動を確認することで、収益化のヒントがつかめます。

WordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」なら設定がとっても簡単です。

今回はTHE THORにGoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを設定する方法を紹介します。

また、ついでに設定しておきたい「おまけ情報」も載せたので、読んでみてくださいね。

サクッとアクセス解析設定を行い、データを集めましょう。

Googleアナリティクス設定方法

THE THORにGoogleアナリティクスを設定します。

Googleアナリティクスのアカウントをこれから登録する場合でも5分程度で終わります。

手順①Googleアナリティクスのアカウント登録

まずはGoogleアナリティクスのアカウント登録をします。

(※すでにアカウントを持っている方は手順②へ進んでください。)

以下のURLへアクセスし、Googleアナリティクスのユーザー登録をしましょう。

Redirecting...

「登録」をクリック

「登録」というボタンをクリックします。

アカウント設定

アカウント名:ブログ名など分かりやすい名前

4つのチェックボックス:チェックあり(デフォルトのまま)

「次へ」をクリックします。

測定の対象

測定の対象を選びます。

「ウェブ」「アプリ」「アプリとウェブ」がありますが、今回は「ウェブ」を選択します。

「次へ」をクリックします。

プロパティの設定

プロパティの設定では、4つの項目について入力します。

  • ウェブサイトの名前
  • ウェブサイトのURL
  • 業種
  • レポートのタイムゾーン

「次へ」をクリックします。

利用規約の同意

Googleアナリティクスの利用規約を読みましょう。

「同意」にチェックを入れ、「同意する」をクリックします。

以上でGoogleアナリティクスのアカウント登録が完了しました。

手順②トラッキングIDを取得

Googleアナリティクスの管理画面にアクセスし、トラッキングIDを取得しましょう。

左側メニュー「管理」をクリックし、「トラッキング情報」→「トラッキングコード」へ進みます。

「トラッキングID」が表示されるのでコピーします。

手順③THE THORへ登録

取得したトラッキングIDをTHE THORに登録します。

WordPressのダッシュボード画面から、「外観」→「カスタマイズ」をクリックします。

「基本設定」→「アクセス解析設定」をクリックします。

「Google AnalyticsのトラッキングID」を入力する欄が表示されるので、さきほど取得したトラッキングIDをペーストします。

「公開」ボタンをクリックします。

以上でGoogleアナリティクスの設定は完了です。

おまけ①大事なデータが消える!?

Googleアナリティクスは重要なアクセスデータを保存してくれるサービスです。

ですが、デフォルトではデータの保存期間は26ヶ月間

何も設定せずにGoogleアナリティクスを2年以上使うと、初期のアクセス状況を確認しようとしてもデータが残っていないということ。

設定を変更し、勝手にデータが消えないようにしておきましょう。

Googleアナリティクスのデータ保持期間を設定する方法を紹介します。

  1. Googleアナリティクスへアクセスする
  2. 左側メニュー「管理」→「トラッキング情報」→「データ保持」をクリック
  3. 「ユーザーデータとイベントデータの保持」の保持期間を「自動的に期限切れにならない」へ変更
  4. 「保存」をクリック

(※「新しいアクティビティをリセット」は「オン」のままでOK)

以上で、大事なアクセスデータが消去されなくなります。

Googleサーチコンソール設定方法

THE THORにGoogleサーチコンソールを設定しましょう。

Googleアナリティクスと同様に、アカウント登録から始める場合でも5分で終わります。

手順①Googleサーチコンソールのアカウント登録

まずはGoogleサーチコンソールのアカウント登録をします。

(※すでにアカウントを持っている方は手順②へ進んでください。)

以下のURLへアクセスし、Googleサーチコンソールのアカウント登録をしましょう。

Google Search Console

「今すぐ開始」をクリック

「今すぐ開始」というボタンをクリックします。

プロパティタイプの選択

「プロパティタイプの選択」が表示されます。

「ドメイン」・「URLプレフィックス」がありますが、今回は「URLプレフィックス」を選択します。

ブログURLを入力し、「続行」をクリックしてください。

手順②認証IDを取得

プロパティを追加すると、「所有権の確認」が表示されます。

いくつか確認方法はありますが、今回は「HTMLタグ」を選択します。

「HTMLタグ」をクリックすると「メタタグ」と呼ばれるコードが表示されます。

<meta name=”google-site-verification” content=”〇〇” />

この〇〇の部分(認証ID)をコピーしてください。

手順③THE THORへ登録

取得した認証IDをTHE THORに登録します。

WordPressのダッシュボード画面から、「外観」→「カスタマイズ」をクリックします。

「基本設定」→「アクセス解析設定」をクリックします。

「Google Search Consoleの認証ID」を入力する欄が表示されるので、さきほど取得した認証IDをペーストします。

「公開」ボタンをクリックします。

Googleサーチコンソールに戻り、「所有権の確認」の「確認」をクリックします。

「所有権が認証されました」と表示されればOK!

以上でGoogleサーチコンソールの設定は完了です。

おまけ②Googleアナリティクス連携で楽々チェック!

ブログのアクセスデータを確認したい時、GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを別々で見る必要はありません。

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを連携すると、Googleアナリティクス側の画面で情報をチェックできるためです。

ユーザーがどのようなキーワードで検索し、どのような行動をしたのか、1画面で把握できるようになりますよ。

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを連携する方法を紹介します。

  1. Googleアナリティクス側で「レポート」→「集客」→「Search Console」→ 「検索クエリ」をクリック
  2. 「Search Consoleのデータ共有を設定」をクリック
  3. プロパティ設定で「Search Consoleを調整」→「編集」をクリック
  4. 連携したいサイトを選択、「保存」をクリック
  5. 「関連付けの追加」で「OK」をクリック

以上で、GoogleアナリティクスでGoogleサーチコンソールの情報もチェックできるようになります。

まとめ

「THE THOR(ザ・トール)」でアクセス解析ツールを設定する方法を紹介しました。

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソール、どちらもとてもシンプルな方法でしたね。

「アクセス解析設定」画面にて、トラッキングIDまたは認証IDをペーストするだけ!

コードの挿入やプラグインの追加など、難しいことはありません。

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを設定する際は、ついでにデータ保持期間の延長とGoogleアナリティクス連携も行うのがおすすめです。

さっそくアクセス解析を始め、ブログ収益化のヒントを見つけましょう。

国内最高峰の SEO 最適化 WP テーマ 【ザ・トール】

【THE THOR】プラン2種類の違い!自分に合うのはどっち?
人気のWordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」には2種類のプランが用意されています。 スタンダードな「テーマ&サポートプラン」と、丸ごとおまかせできる「らくらくサーバーセットプラン」。 「どっちを選べばいいのか...
タイトルとURLをコピーしました