【THE THOR】プライバシーポリシー設置方法!

SNSxブログ

ブログを運営している皆さん、プライバシーポリシーページは設置していますか?

意外と知られていませんが、個人ブログでもプライバシーポリシーは必要なんです。

ブログ訪問者を安心させるため、そしてGoogleに信頼してもらうため、今すぐ設置しましょう。

今回はWordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」にて、プライバシーポリシー関連の設定方法を紹介します。

プライバシーポリシーは個人ブログでも必要!

プライバシーポリシーページってなんだろう?

ブログ初心者にとってはあまり聞き慣れない言葉かもしれません。

まずはプライバシーポリシーについて基礎知識を確認しましょう。

プライバシーポリシーとは?

プライバシーポリシーとは「個人情報の利用目的や管理方法」について書いた文章で、そのページをプライバシーポリシーページと言います。

「個人情報保護方針」とも呼ばれます。

「ブログを運営するだけで個人情報って集まるの?」

「趣味のブログだけど、プライバシーポリシーを書かなきゃダメ?」

と思った方、答えはどちらも「YES」です。

例えばお問合せフォームではメールアドレスや名前を取得し、アクセス解析ツールでは年齢・性別・使っているデバイスなども取得します。

つまり、ネット上にあるほとんどのサイトがプライバシーポリシーを表記する必要があるんです。

プライバシーポリシーは「集まった情報を大切に扱います」という約束なんですね。

アドセンス合格のカギ

ブログ運営者にとって欠かせないツール・サービスでは、プライバシーポリシーページを設置するよう求められます。

例えばこちらの3つ。

  • アクセス解析ツール「Google アナリティクス」
  • 広告サービス「Google AdSense」
  • 広告サービス「Amazonアソシエイト」

特に、「Google AdSense(アドセンス)」はプライバシーポリシーページが設置されていないと、申請してもほぼ不合格になります。

広告サービス・アクセス解析サービスを使いたいなら、今すぐプライバシーポリシーを書きましょう。

SEOにもプラス?

プライバシーポリシーページはSEOにも影響を及ぼすと言われています。

Googleは読者を第一に考えます。

つまり、「読者の情報を正しく扱う」と表記することで、Google検索エンジンに信頼できるブログとして評価されやすくなります

(※ただ、残念ながら、「プライバシーポリシーを設置すればアクセス数が急激に伸びる!」という単純なものではありません。)

プライバシーポリシーページ掲載は多少のSEO改善につながると見ていいでしょう。

プライバシーポリシーページを作成する方法

THE THORではプライバシーポリシーの雛形(テンプレート)が用意されています。

とても簡単にプライバシーポリシーを作成できるので、さっそく始めてみましょう。

手順①「プライバシー」をクリック

WordPressダッシュボード画面から、「設定」→「プライバシー」をクリックします。

手順②「新規ページを作成」をクリック

プライバシーポリシーページを設定する画面になります。

「新規ページを作成」をクリックします。

手順③編集

固定ページや投稿ページのような記事編集画面が表示されます。

プライバシーポリシーの雛形がすでに入力されています。

ブログ名やお問合せ先などを自分のブログに合わせて編集しましょう。

編集が終わったら、「公開する」をクリックしてください。

(タイトルは「プライバシーポリシー」・URLスラッグは「privacypolicy」などに変更するのがおすすめです。)

以上でプライバシーポリシーページ作成が完了です。

どこを編集したらいいの?コピペでOK!

プライバシーポリシーページの雛形を見ても、どの部分を編集すればよいのか分からない方もいるでしょう。

「文章は長いし、知らない単語がいっぱい並んでるし・・・そのままでいっか!」

いえいえ、雛形のまま公開するのはあまりおすすめできません。

あなたのブログ情報を反映しないと、プライバシーポリシーの役目を果たせないからです。

せめて、今から紹介する3つの箇所だけでも編集しておきましょう。

サイトアドレス

サイトアドレスは「私(達)のサイトアドレスは〇〇です。」とします。

〇〇部分に、ブログのトップページURLをコピペしてください。

広告サービス・解析ツールについて

ブログで使っている広告サービス・解析ツールについて載せます。

クッキー(Cookie)を利用しているが設定で無効にできることと、それぞれの規約リンクも掲載しておくとよいでしょう。

例えば以下のような文面にします。

「アクセス解析ツールについて

当サイトではGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

データ収集のためにCookieを利用していますが、匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

Cookieを無効にすることで収集拒否も可能ですので、お使いのブラウザ設定をご確認ください。

この規約に関して関して詳しくはデータの保護 – アナリティクス ヘルプをクリックしてください。」

お問い合わせ

プライバシーポリシーの最後に、お問い合わせ先を明記します。

「上記プライバシーポリシーに関してご不明点がある場合はお問い合わせフォームからご連絡ださい。」

ついでにお問い合わせページのリンクを貼っておくとベターです。

プライバシーポリシーページを変更する方法

THE THORでプライバシーポリシーを変更する方法を説明します。

WordPress上で、「プライバシーポリシーについて書かれているのはこのページ」と認識させます。

手順①「プライバシー」をクリック

WordPressダッシュボード画面から、「設定」→「プライバシー」をクリックします。

手順②ページを選択

プライバシーポリシーページを設定する画面になります。

「プライバシーポリシーページを選択」の横にて、先程作成したプライバシーポリシーページを選択します。

「このページを使う」をクリックします。

以上でプライバシーポリシーページ変更が完了です。

プライバシーポリシーページを設置する方法

THE THORでプライバシーポリシーを作成・変更したら、忘れずに設置も行いましょう。

メニューの変更つまり、ヘッダーやフッターに常に表示するようにします。

手順①「メニュー」をクリック

WordPressダッシュボード画面から、「外観」→「メニュー」をクリックします。

手順②プライバシーポリシーを追加

すでにメニューがある方はプライバシーポリシーページを追加してください。

メニューを新しく作る場合は「メニューを作成」をクリックします。

メニュー名・メニューの位置を決めます。

「固定ページ」から先程作成した「プライバシーポリシー」を選択し、メニューに追加します。

「メニューを保存」をクリックしてください。

以上でプライバシーポリシーページ設置が完了です。

まとめ

個人ブログでも個人情報を取得するので、プライバシーポリシーページが必要なんです。

「個人情報を正しく扱う」と明記し、ブログ読者やGoogleに安心感を与えましょう。

WordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」では簡単にプライバシーポリシーを設置できます。

  1. プライバシーポリシーページの雛形(テンプレート)を編集
  2. プライバシーポリシーページとして選択
  3. プライバシーポリシーページをメニューに追加

たったこれだけでOK!

プライバシーポリシーを作成してから、アドセンス申請やアクセス解析を行いましょう。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://junnii.com/the-thor-plan2/ target=]

タイトルとURLをコピーしました